病みプレイヤー。の日記

情緒不安定なオンラインゲームプレイヤーの日記です。

【PSO2】盟友にささげるラプソディー

緊急事態宣言でましたね。私のところは対象外ですが、それでもお客様は東京や千葉などの首都圏なので色々と影響は出そうです。

え?私は通常勤務ですよ?

f:id:yamipla:20200408010742j:plain

 

今日は少し真面目な話を。コロナが大変な時期にする話でもないのかもしれませんが。

 

 

私のPSO2の歴史において、たぶん忘れる事はないだろう「盟友」とも思っている人がPSO2を完全引退した事を人づてに聞きました。

 

私がMMOで他人の引退をどうこういう事なんて、過去を振り返って一度もありませんでした。所詮ゲームですしね。

やりたくなくなったら、モチベーションがなくなったらやめていいと思ってます。誰がいつそうなってもおかしくないですし、私自身過去のゲームでそういう事もありました。

 

彼は私がPSO2で2番目に入ったチームマスターでした。

が、紆余曲折あってそのチームマスターがPSO2をやめる、と宣言してチームを誰かが引き継ぐ事を求められました。

その時、同チームのメンバー・・・今の私の相棒と呼べる人から「どうする?」と相談を受け、私はチーム引継ぎではなく新チームの設立を提案しました。

これにはいくつか理由はあるのですが、最も大きかったのは私自身そのチームはあくまで元チームマスターが作り上げた歴史あるチームなので、他の誰が引き継いでもきっと上手くはいかない、と思ったからです。(詳細に説明するべきでしょうが、長くなるのでこの程度で)

 

そして最初は、その新チームマスターは最も信頼している人物(=今のチムマス)に任せ、私は元チームに残るつもりでした。

残ろうとした理由は、私は元チームでマスター代理と言われるぐらいには信用されていたため、元マスターが1ヶ月以上ログインしなかった場合は、私の手で幕引き(解散)をするつもりでした。

私は彼を盟友だと思っていたからこそ、最後の介錯を自分が、と思った次第です。

それは認められず、私も新チームの方に結局連れていく事になったのですが・・・。

 

上の内容は元マスターにも人づてに説明はしてもらって了解は得てました。

が、以来私は彼を裏切ってしまったのではないかという「後ろめたさ」と「罪悪感」を常に持ち続ける事になりました。

 

1回引退した元マスターがちょっと前に戻ってきて、私達がいなくなったチームを再建していたようですが・・・今回完全に引退する事にしたようです。

元チーム退団より、私から彼との会話や接触を完全に避けていた事もあって以降話す事すらなくここまできました。

 

そしてあまり面と向かっては言えないですが私はそれで良い、と思います。

長い間抱いていたモヤモヤが落ちた気分です。

 

f:id:yamipla:20200408010859j:plain

彼から貰った楽器グッズを部屋に並べて、「ありがとう」そして「お疲れ様」の意味を込めて一通り弾いてました。

 

(これで三度目の出戻りはなしだよ)

【FF14権利表記】 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
【PSO2権利表記】 (C) SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト http://pso2.jp/
【DQX権利表記】 (C) 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C) SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO