病みプレイヤー。の日記

情緒不安定なオンラインゲームプレイヤーの日記です。

【MMO考察】敵国とは一体どこを向いて戦っているのか。

f:id:yamipla:20200312003454j:plain

売り言葉に買い言葉みたいな感じで嫌ですが・・・。敢えて言いたい。

 

私が楽しんでプレイしているFF14。3つ目の拡張:漆黒のヴィランズからユーザを上乗せしたようで、まだまだ盛んです。ですが他のゲームの掲示板ではやたらFF14に敵対心をむき出しにしているような内容が見受けられます。

 

以下はまとめサイト一部参考です。

pusonisokuhou.work

 

dq10.news

 

所詮ネットの掲示板、まとめサイトの内容なので信ぴょう性は微妙なところです。煽りたいだけ、っていう場合もありますしね。

そして私はFF14が好きですが、別に嫌いであるという意見があってもそれを否定はしません。残念に思いはしますが。

私自身大ヒット作であるモンスターハンターシリーズは、グラフィックとか操作が苦手であまり好きではありません。(昔社員旅行で会社のガチ勢先輩に色々無理やり教えられてドン引きして嫌いになったのが一番の理由なんですけどね。)

 

かといってモンスターハンターシリーズを目にするのも嫌、糞糞言う事はしません。少なくとも公には。

でもネットを見ているとやたらFF14に敵意むき出しで存在そのものを否定する強硬派みたいな人達がいるんですよね。一体何と戦っているのか、過激な意見を書いている人も中にはいます。

 

一体なぜこんな事になってしまったのか、それをちょっと考察していきたいと思います。

今から書く考察は私独自の見解で、ほんの一部に過ぎないですしひょっとすると間違っているかもしれません。あくまで私の意見という事で留めておいてください。

 

 

①:広く認知され多くの人が集まった反面、ダークサイドに堕ちる人もそれなりに出てしまった説

控えめにいって国内のオンラインゲーム市場で最も活気があるのはFF14だと思います。最も活気があるという事は最も人が集まりやすいという事でもあるかと思います。

その中の多くの人は面白くなって定着するか、合わないと思って静かに去るかと思うのですが一部はダークサイドに堕ち暴れ回るダース・アンチ卿と化してしまったのではないかと思います。多くの人が集まった結果、ダークサイドに堕ちる割合も多かった、という事です。

 

 

②:FFに大切な友達を寝取られ「FF14許すまじ!」となってしまった説

 「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」なんて言葉があります。FFを新たに始めハマった人の中には元は別ゲームをプレイしていた人もいるでしょう。元いたゲームとFF14、どちらを選ぶかとなった時FF14を選んだ人もいるのではないでしょうか。

そして元いたゲームでそれなりのコミュニティを築いていた場合、そこに取り残された人達から見れば「大切な人をFF14に寝取られた!」という構図に見えてもおかしくはありません。

言ってしまえば恋人が友人と食事に行ったらそのまま持ってかれてしまった心理(あの世で俺に詫び続けろオルステッドォォォ)に似ているのではないでしょうか。

 

 

③:隣の芝生が青く見えすぎてしまっている説

上にも書いた通り、国内で勢い止まらぬFF14

そのあまりの快進撃を目の当たりにしてなお認める事が出来ない人達。「ふ、ふん!どうせクソゲーなんでしょ!」(CV:釘〇理恵)というツンデレ気質な人達が素直になれずこじらせてしまっている事も考えられないでしょうか。

 

 

④:そもそもFFシリーズが嫌い説

ファミコン時代から相容れぬFF派vsFF以外のRPG。それはキノコvsたけのこ戦争の如し。

 

 

⑤:プロデューサがジャラジャラし過ぎてけしからん!説

f:id:yamipla:20200312011428p:plain

「どうも、プロデューサ兼ディレクターの吉田です(ジャラァ」

リクルートスーツを戦闘服に面接攻略本を読んで就活戦争を生き抜いた世代には、彼のアクセ禁断の姿は理解できないのかもしれない。

 

 

 

などなど。考え出したらキリがないのでここまでとしておきます。

 

そしてFF14の現在の姿を見て認められない方々。

だがちょっと待って欲しい。

今は栄華を誇るFF14帝国にも、消しきれない忌まわしき過去、暗黒時代というものがあったのです。

 

 

 

f:id:yamipla:20200312012016j:plain

FF14。開発内では根性で新生と共に作り上げていくという名称から根性版とまで呼ばれた今は亡き1.xシリーズ。現実に具現化した第七霊災。

 

当時最高スペックのPCですら生まれたての小鹿のようなガクガク動作、

バグの見本市と言わんばかりの出来の悪さ、そして客を客とも思わぬクソ対応。

かくいう私も途中で投げ出しました。

 

当時の和田社長から「完成度が水準に達していない」と名指しで言われ、開発陣の総入れ替えと作り直しが宣言された前代未聞の問題作。その新開発体制を任されたのが現在の吉田P兼Dでした。

 

そして新生版の発売発表の裏ではこの災害級作品が2010年~2012年11月まで稼働を続け、後半に至ってはユーザから料金を取らずに運営していたのです。(レガシー先輩からお金を頂いたりしていたので全く貰ってなかった訳ではないはずです)

 

つまり新生エオルゼアスタート時は、恐らく他を見ない借金生活からスタートしているはずです。キングボンビーにサイコロ10個×2振られてスッテンテンの桃太郎社長状態だったでしょう。

 

それがあっての今なので、好きになれとはさすがに言いません。嫌いなままでもいいですが、FF14の今だけではなく過去を少しは見て欲しいと思います(´・ω・`)

長くなりましたが以上です。

 

【FF14権利表記】 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright (C) 2010 - 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
【PSO2権利表記】 (C) SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト http://pso2.jp/
【DQX権利表記】 (C) 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (C) SUGIYAMA KOBO(P)SUGIYAMA KOBO